PAGE TOP

アウトソーシング業務


アウトソーシングとは、業務を外注することをいいます。当事務所では、私たちの専門分野である業務を一括してお受けし、お客様の業務運営の効率化を支援しています。
なぜ企業が積極的にアウトソーシングを行うのかというと、それは自社で行うよりもメリットがあるからです。そのメリットは次のようなことがあります。

①自社で行うよりも精度が高い。
②自社で行うよりも全体のコストが低い。
③自社で行うよりもリスクが軽減される。
④取引の関係性がもたらす効果が見込める。  などが考えられます。

お客様の事業に集中するために、是非、管理業務の一部を手放して頂くことを検討してみてはいかがでしょうか。

アウトソーシング業務でご相談いただけること

  • 労働保険、社会保険等の各種手続の代行
  • 給与計算、年末調整の代行
  • 助成金、補助金等の申請代行
  • 労務コンプライアンス診断、組織風土診断、個人特性分析の受託
  • 年金相談、老齢・障害・遺族年金の調査および請求代行

この様なことでお困りではありませんか?お客様に代わって業務を代行いたします。

  • 従業員の入退社が多く、労働社会保険の資格取得・喪失・異動など手続きが煩雑になってきた。
  • 仕事中の事故など(労災)が発生したときに必要な手続きをスムーズに行いたい。
  • 助成金や補助金を受けたいが申請手続きに不安がある。
  • 毎月の給与計算事務や年末調整などに時間や労力を割いている。
  • 各種手続きのもれや間違い、法改正などの対応が十分でないのでフォローしてほしい。
  • 従業員の個人適性検査や企業の組織診断を実施して配置転換を行うなど適材適所の人事を行いたい。
  • 労務に関するコンプライアンスの状況をチェックしてほしい。
  • 年金(老齢・障害・遺族)の相談に乗ってほしい。年金の請求を代行してほしい。

>>次へ