ご相談事例とサービス

Case

助成金 補助金 助成金や補助金を活用したい。自社にあった助成金や補助金の情報がほしい。

「新入社員が体調不良で休みがち」「ハラスメントでメンタル不調者が発生」
「社員がSNSで会社の情報を拡散」「会社に黙って社員が副業」「社員が取引先に営業秘密を漏洩」
「通勤手当の不正受給が発覚」「上司からサービス残業の強要」etc
労務トラブルがもたらす見えないコストはお金に換算すると相当なものになります。
労務トラブルが起きてから対応するのではなく、
労務トラブルを未然に防ぐ対策を講じることが
結果的に最も費用対効果が高いということになります。

  • その職場トラブルの原因はどこから?

    人に関する様々な問題やトラブルは尽きないものです。
    なぜなら、人は感情の生き物だからです。
    会社や職場など組織の中に規律を持たせるためには、ルールや制度などの仕組みをつくることが重要ですが、それと同じくらい職場の意識(=風土)を改善することも重要です。いくら制度がしっかり整っていても、風土が悪く社員の意識が伴っていなければ絵にかいた餅。
    制度や仕組みと合わせて風通しの良い職場風土にしていくことで、無用なトラブル防止につながります。

    ≪サービス≫

    ①組織風土診断、経営労務診断、社内アンケートの実施
    社内の顕在化された労務リスクだけでなく、潜在的なリスクを評価することにより、未然のトラブル防止につなげます。

    ②職場ルールの見直し、就業規則の改正、社内への落とし込み
    問題となっている事案について、新たなルールを検討し就業規則や社内規程に明文化します。
    運用ルールや様式の整備などで実効性のある仕組みを作ります。

    ③労務管理勉強会(管理職/役職者向け)
    労務トラブルは現場から発生します。日々の業務やコミュニケーションの問題を改善するため、労務管理やハラスメントの勉強会を管理職/役職者向けに実施します。

    ④外部相談窓口代行サービス(ハラスメント相談窓口、労働条件に関する相談窓口、内部通報窓口)
    ハラスメントの外部相談窓口など、御社の相談窓口を代行し、法的な対応や未然のトラブル防止のためのご支援をいたします。

    ⑤ストレスチェックの実施
    社員のストレスの度合いをチェックし、組織や職場でのストレスの傾向を分析することで、メンタルヘルス不調者の未然防止につなげます。

ハラスメントが発生すると、
次のような点で、問題です。
被害者に与える影響
・士気の低下
・パフォーマンスの悪化
・メンタル不調
(うつ病、パニック障害、PTSD等)
・退職に追いやられることも…
加害者への影響
・懲戒処分
・法的責任(名誉毀損、人格権侵害等)
企業が被る影響
・問題解決に至るまでの時間
・労力・コスト
・職場風土の悪化→業績低迷、人材流出
・法的責任
(使用者責任、安全配慮義務違反等)
・イメージダウン、信頼低下
1.加害者の責任
民法709条の不法責任、その他、刑事責任を問われることも・・・
傷害罪、強要罪、名誉毀損、侮辱罪など。場合によっては、強姦罪、強制わいせつ罪、暴行罪などが適用されることもあります。

2.使用者の責任
民法715条の使用者責任
民法415条の債務不履行責任(安全配慮義務違反)
男女雇用機会均等法による企業名の公表、過料など
さらに、労災に認定されるとその負担は更に大きく!

まずは一度お問い合わせください。

お問い合わせ
サービス一覧
ページTOP

【職場トラブル】関連一覧

人材育成/ 研修・セミナー講師 業務

関連サービス・業務

就業規則その他社内規程の整備、
見直し、管理・運用サポート

関連サービス・業務

監督指導、調査対応

関連サービス・業務

解雇、労使間トラブル、労働組合対応

関連サービス・業務

各種診断サービス

関連サービス・業務

キャリアコンサルティング/キャリカウンセリング/
セルフキャリアドック

関連サービス・業務

ホワイト企業認定コンサルティング

関連サービス・業務

ストレスチェック代行サービス

関連サービス・業務

外部相談窓口代行サービス(ハラスメント相談窓口、労働条件に関する相談窓口、内部通報窓口など)

関連サービス・業務

スポット相談サービス

関連サービス・業務

アドバイザリー顧問

関連サービス・業務

ミニアドバイザリー

関連サービス・業務